白石一文(しらいし・かずふみ)さん


占いサイトはこちら

見えないドアと鶴の空
小説。不倫と哲学と超能力と怪談と宇宙の謎の融合? 途中は恐ろしくて夜は読めない。

僕のなかの壊れていない部分
生と死がテーマ? 主人公の男は、読んでいて腹が立つというか、共感できるというか、自分でもわからなくなる。

すべての白石一文さん



驪TOP