バーバラ・アン・ブレナンさん


占いサイトはこちら

癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈上〉
癒しの光―自己ヒーリングへの旅〈下〉
「自己ヒーリングへの旅」なんだそうです。
宇宙の謎というよりも、病気や性格を治すためのもののようです。健康でなければ宇宙の謎どころではないですし。
びっしり文字が詰まっていてなんだか読みにくかったです。
ので、ところどころしか読んでません。
普通の人には見えない、人間の身体が絵入りで書かれています。
こんなのが実際見えたら、普通に生活できるのかなぁ、なんて思うのですが。
これを読んでいると、「赤い糸で結ばれている」とか、「嫉妬の炎がメラメラ燃えている」、「どんよりした空気」、「ねちっこい性格」、「ビビビときました」、「胸につきささる」、「胸がえぐりとられる」、とかいうのは本当にその言葉の通りだったのだということがわかります。
(このような言葉がこの本に出てくるのではありません)
本当に身体からヒモがでていたり、身体のまわりがドロドロしていたりするのですね。
つくづく私には見えなくてよかったと思います。

その他のバーバラ・アン・ブレナンさん


驪TOP